御供所について

TOP > 御供所について

都会の中に佇む昔の息吹を感じる町

御供所について

新着情報
御供所~都会の中に佇む昔の息吹を感じる町~

「寺町」の姿をいまだに残す都会のオアシス的存在

喧噪の大博通りの裏。そこに"凜"とした姿の博多がある

石堂川沿いの「御供所(ごくしょ)町界隈」は別名"寺町"。
この地区には806(大同元)年に弘法大師が開いたと言われる「東長寺」、1195(建久6)年に禅宗の祖である栄西禅師が開いた日本最初の禅寺「聖福寺」、1242(仁治3)年に謝国明が建立し聖一国師が開いた「承天寺」など、由緒ある有名寺院がずらりと並んでいます。

この由緒のある寺社の他にも、博多長屋の面影を残した昔の趣を残しており、JR博多駅、地下鉄祇園駅や呉服町駅に近い市街地でありながら、や博多長屋の面影を残した昔ながらの趣を残しており、春には門前桜が咲き並び、秋には灯明が灯されて絶好の散策スポットにもなる、都会のオアシス的存在のエリアです。

前に戻る
aa
a