博多松囃子

Hakata Matsu-bayashi

博多松囃子

博多どんたくの起源となるめでたいお祭り

御供所とは
博多松囃子

福岡市ではゴールデンウィークに「博多どんたく港祭り」が開催され県内外からたくさんの人が集まりますが、その同日博多部では、博多どんたくの起源となった「博多松囃子(まつばやし)」が開催されます。
博多松囃子とは『選択無形民俗文化財』にも選ばれている博多の春のお祭りで、福神流、恵比須流、大黒流、稚児流の4つの「流(ながれ)」(地区グループ)が、博多の官公庁や企業、寺社などを巡って祝うという伝統あるおめでたい行事です。
御供所地区はその中の「稚児流」を2年毎に担当しており、博多の各所に出向いた地域の子供達が、お囃子を奏でて舞を舞うという実に風流を感じさせる伝統芸能を披露してくれます。

博多松囃子 博多松囃子 博多松囃子
  • 左:舞姫
  • 中:囃子方
  • 右:言い立て

博多中を練り歩く
風流で優美な祝いの行列

博多松囃子は1179年に病没した平重盛の恩恵を謝すために始まったとされて、その歴史は800年を越える伝統を有する博多を代表する伝統行事のひとつとして知られています。
博多どんたくが、日頃練習してきた芸事を披露する場であるのに対し、博多松囃子は市内の数多くの場所を祝い巡る点で大きく異なり、古来の地区分けで定められた福神流、恵比須流、大黒流、稚児流の4つの「流」が、博多の官公庁や企業、寺社などを巡って祝う伝統行事なのです。

福神流、恵比須流、大黒流には、それぞれ福禄寿、夫婦の恵比須、大黒天の面や衣装を着けた「三福神」が馬に乗り、先頭を随伴の子供達が「言い立て」(祝言)を歌いながら市内を練り歩きます。そして各所でお祝いの言葉と博多手一本を披露して、祝い巡ります。

一方、御供所地区が属する「稚児流」は、随伴の子供達が「言い立て」を歌いながら先導して練り歩くのは同じであるものの、各所を祝い巡るのが「舞姫」と「囃子方」を担当する子供達である点が他の流と大きく異なります。
訪問した各所において、天冠に舞衣姿の少女(舞姫)が、囃子方の太鼓・鉦・笛、そして大人達の地謡い「唐衣」に合わせて稚児舞を披露します。博多松囃子の各流の中でも、最も伝統と歴史を感じさせる、大変風流な見所たっぷりです。(動画
また、この稚児流は他の流と異なり、2年毎に御供所地区が所属する「東流」と、現在の冷泉町・店屋町・綱場町・奈良屋町からなる「西流」が交代で当番しており、2011年と2012年は東流が当番しています。

前に戻る トップページへ戻る ページの頭に戻る
aa
a