y
御供所について

「寺町」の姿をいまだに残す都会のオアシス的存在

喧噪の大博通りの裏。そこに"凜"とした姿の博多がある

交通量が多い大博通りから一本道を入ると、現れるのは都会とは思えないほど静かな落ち着いた空間。

石堂川沿いにあるこの「御供所(ごくしょ)界隈」は別名"寺町"とも呼ばれ、806年(大同元年)に弘法大師が開いたと言われる「東長寺」や、1195年(建久6年)に禅宗の祖である栄西禅師が開いた日本最初の禅寺「聖福寺」、1242年(仁治3年)に謝国明が建立し聖一国師が開いた「承天寺」など、由緒ある有名寺院がずらりと並んでいます。

また、国の重要無形民俗文化財であり2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された『博多祇園山笠』では「東流(ひがしながれ)」に属しており、また博多どんたくの起源であり国の選択無形民俗文化財である『博多松囃子』では稚児流(ちごながれ)を担当。夏から秋にかけては代々続く千灯明を今もなお続けるなど、博多だけならず日本の文化をも支える歴史ある町です。

寺社仏閣の他にも、昔の博多長屋の面影を残した趣の風景も数多く残っており、JR博多駅、地下鉄祇園駅や呉服町駅に近い市街地、ビジネス街でありながら、春には門前桜が咲き並び、秋には千灯明が灯されて絶好の夜歩き散策スポットにもなる、都会のオアシス的存在のエリアです。

電車でお越しの場合

●博多駅下車より

  • 地下鉄「博多」駅より乗車、空港線「祇園」「呉服町」にて下車(約10分)
  • 西鉄バス「博多駅交通センター1」から3、56、57、100号車に乗車し、「呉服町」で下車(約10分)

●西鉄福岡(天神)駅より

  • 地下鉄「天神」駅より、空港線「祇園」「呉服町」で下車(約5分)
  • 西鉄バス「天神福銀本店前」から8、9に乗車し、「呉服町」で下車(約10分)

車でお越しの場合

  • 福岡都市高速「千代」JCで高速を降り、千代交差点を左折し直進(約5分)
  • 博多駅周辺より約5分、天神周辺より約10分

福岡空港からお越しの場合

  • 地下鉄「福岡空港」駅より乗車、空港線「祇園」「呉服町」にて下車(約15分)
  • 西鉄バス「福岡空港国内線」から39号車に乗車し、「呉服町」で下車(約20分)

博多港からお越しの場合

  • バスの場合:西鉄バス「博多ふ頭」から47、48号車に乗車し、「呉服町」で下車(約10分)
  • 車の場合:那の津通りを北上し築港本町で右折。そのまま大博通りを直進(約10分)

御供所.info