y
御供所の地祭り

栄西禅師の千灯明(地蔵堂)

毎年 8月4日開催
御供所一区(福岡市博多区御供所町 聖福寺境内)
栄西禅師の千灯明(地蔵堂)

人々は楽平安を祈りここに集う

聖福寺境内で栄西和尚開山忌と同じ日に行われます。

元々、御供所一区は千灯明祭は行っていませんでしたが、他の地区が止めてしまったために一区が始めたといういきさつがあります。

お祭りは山笠関係の方々が運営をしており、日が落ちるとともにロウソクに火を点します。他地区と同じように、繰り返しロウソクの火を点けては消し、消しては点ける千灯明がお堂の前で行われます。

夕刻七時十五分頃、聖福寺の三名の僧侶と婦人会の方々が、御供所四区の八幡神社へのお参りのあと、二番目にここを訪れ、読経とご焼香が行われます。その後、参拝者は一列に並んで、順に家内安全、無病息災を祈願しお参りします。

お祭り聞き書き

以前の千灯明は、大竹を割った中に砂を敷き、その中に貝殻を置き、油とジミを入れ灯を点していたそうです。また、戦前は御供所1区3区がお祭りを一緒に行っていましたが、戦後は町界変更により別々で開催するようになっています。

INFORMATION

開催日
毎年 8月4日開催
開催場所
聖福寺境内にあるお堂(御供所一区)
所在地
福岡市博多区御供所町 聖福寺境内
供養・祈祷内容
無病息災
ご神体
ご本尊のお地蔵様は、隣接する花園保育園の子どもたちの声に護られているかのように、聖福寺境内路横の一角に祀られています。
しかし元々は、側にある祠(人形塚)が聖福寺境内の中央にあって、それが現在の地に移される時にお地蔵さまが地中から出てきたので、聖福寺の許しを得てお祀りすることになり、長浜ミヨ子さんが現在のお堂を奉納されました。

御供所.info