y
御供所の寺社仏閣

東長寺とうちょうじ

福岡市博多区御供所町2−4
東長寺

弘法大師が開いた日本最古の霊場。「福岡大仏」「五重塔」など見所がたくさん。

九州における真言宗九州教団の拠点寺院。山号は南岳山。

806年に弘法大師空海によって開かれた真言宗九州教団の本山で、弘法大師創建としては日本最古の霊場です。当初は海辺の地(現在の古門戸町付近)にありましたが、永禄・天正の兵火に焼け荒廃していたところを福岡藩二代藩主・黒田忠之によって現在地へと移りました。

空海が唐での修行を終え、博多港に帰国した際、持ち帰った仏像・教本などを収める為に、1軒の船宿を買い取り、その場所を寺にしたのが起源とされています。

ここに安置されている木造の座像では日本一大きな「福岡大仏」は、高さ10.8メートル、重さ30トンの檜造の釈迦如来坐像。人間の煩悩の数(百八とされる)にちなんで、像高10.8メートルとなっています。

この福岡大仏の台座は「地獄・極楽めぐり」となっていて、地獄八景の絵が飾られています。しかも、途中から真っ暗で曲がりくねった通路に入り、そのまま進むと極楽の絵を見ることが出来ます。とにかくこんな町中で昼間からこんなに真っ暗な世界はあるのか?というぐらい真っ暗な道なのですが、途中にリングがあり、それに触ると極楽に行ける(?) との事ですので、注意してお進み下さい。途中出口の明かりを見たときはホッとする瞬間が味わえます。

また、2011年には総檜造の全長26mの五重塔も建設されており、九州では熊本玉名市「蓮華院誕生寺本院五重塔」に次いで2塔目となります。

博多祗園山笠では、神仏混淆時代に櫛田神社の神官を務めた事で山笠の歴史が継続したという背景がある事から、現在でも感謝の意を込めて東長寺の前に「清道」を設置して山笠の奉納が続いています。

除夜の鐘や節分祭などの年中行事だけでなく、和太鼓やファッションショーなどの様々なイベントを執り行うのも特徴で、一般参拝客に門戸を解放しているお寺でもあります。

(提供:福岡市)

INFORMATION

所在地
〒812-0037 福岡市博多区御供所町2−4
アクセス
・地下鉄「祇園駅(1番出口)」から徒歩1分
・地下鉄「呉服町(5番出口)」から徒歩15分
・シティループバス「ぐりーん」櫛田神社・博多町家ふるさと館前から徒歩3分
・シティループバス「ぐりーん」博多駅交通センターから徒歩7分

御供所.info